ストレスのない生活

老人介護施設の種類は豊富です。基本的に高齢者などの性格に合わせて施設を選ぶようにします。老人介護施設のランキングも参考になるでしょう。

高齢者介護施設トップ3

no.1

有料介護付きの施設

有料で利用することができる介護付きの老人ホームの利用者が増えてきています。ランキングでも断トツのトップを走っているのです。介護付きなので、安心して高齢者が生活できます。

no.2

住宅型の施設

一般的に自立している人が入居することが多いのが、住宅型有料老人ホームです。生活の支援や健康管理がサービスの中心となります。住宅型の施設が2位に輝いた理由は、自分の家のように生活できるからでしょう。

no.3

グループで生活する施設

グループホームは軽い認知症を患った高齢者が利用する施設です。複数名で力を合わせて生活できるのが、人気の秘訣でしょう。基本的に高齢者どうしで分担して家事をこなします。利用者が多い施設です。

施設入居の流れ【有料老人ホーム編】

施設を見学

一般的にまずは、施設の見学から行ないます。現地で有料老人ホームのスタッフが案内してくれます。施設の雰囲気をしっかりと確認しておきましょう。また、何か質問があれば、すぐにスタッフに尋ねることも可能です

入居を申し込む

書類を提出することによって、入居の申し込みが行なえます。提出が必要な書類として、健康診断書や入居申込書が挙げられるでしょう。健康診断書に関しては、施設が指定する病院で三ヶ月以内に診断したものに限ります。

入居者を訪問

申込書を提出した後に、施設のスタッフが入居者を訪問します。普段の日常生活の様子などを尋ねるでしょう。また、趣味や介護に関する要望などがあれば、積極的に相談するようにします。

体験で入居

本格的に施設に入居する前に、体験入居をすることができます。最大で7日間程度の入居が可能でしょう。実際に生活してみて、居心地などを確認することができます。食事などもチェックしておきましょう。

契約と入居

体験入居で問題がなければ、そのまま入居することができます。施設での生活についてより細かい説明があるでしょう。また、入居前に入居一時金や月額利用料などを振り込むようにします。

高齢者が増え高まる需要!有料老人ホームがベスト

男女

選べる施設

大阪や静岡で需要が高まっているのが、老人介護施設です。基本的に有料老人ホームを利用する人が大多数とされています。また、介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームなど、種類も豊富です。体験入居などをしながら、快適に生活できる施設を探しましょう。

老後の生活を助ける車

老人介護施設を利用することで、老後も快適に生活できるようになります。また、施設への入居だけでなく、施設を利用しない人も住宅と施設を往復することがある場合、ご家族の方は福祉車両を購入すると良いでしょう。また、福祉車両を所有している施設に入居することも可能です。このような車両を利用すれば、高齢者も安全に移動できるようになるでしょう。

広告募集中